【解説!】GPSログアプリ「Moves」で必ずやるべき3つのこと

スマホでGPSログを取るなら絶対「Moves」をオススメします。

ライフログ系のアプリケーションはログを取る必要がある度にいちいちボタンを押さなければいけないアプリが多いですが、Movesは一度ダウンロードすれば完全に自動でずっとログが取れてしまうすごく便利なアプリです。

ここではMovesの機能から、使い方、そしてデータの可視化方法まで解説していきます!

Movesの機能

Movesはただログを取るのではなく、自分の移動速度に応じて

・ウォーキング
・ジョギング
・自転車
・交通機関

の4つに自分の移動を分類してくれます。しかも全部自動で!何も設定しなくても勝手に判断してくれるんですよ。ウォーキングとジョギングは歩数までカウントしてくれるので、万歩計としても使えます。

そしてこの画面を下にスライドさせていくと、自分が実際にどこにいたのか可視化されていくシステムです。いつ、どのような移動手段で移動したのかということが綿密に記録されていきます。

例えばこの日は8:37に家を出て駅まで歩いていたのですが、電車に間に合わなそうだったので、途中から駅までダッシュ!

夜は自転車に乗って買い物、といったスケジュールでした。このような自分の一日の行動を記録してくれてます。自動でここまで記録してくれるのは超便利。

まずはMovesアカウントを作れ!

Movesをダウンロードしたらまずアカウント作成をしましょう。アカウントを作らなくてもログは取れるのですが作っておいた方がいろいろと便利です。

アカウントの作り方

まずはアプリを開いた状態から右下の”M”のマークをタップ。そこから出てくるメニューの中から設定をまたタップしてください。

    そうするとこのような画面に切り替わります。下までスクロールして「アカウント」をタップし、そこからアカウント作成をします。

アカウントの作成はFacebookとメールアドレスのどちらかで登録が可能です。自分が管理しやすい方で登録してください。

クラウドにバックアップを作成する

アカウントを作ることの何よりのメリットは自然とバックアップが作れることです。携帯を変えた時のデータの引き継ぎはもちろん、他のデバイスからもデータを見たいときにも簡単に見れるようになります。

僕も一度携帯を落として壊してしまったときに、バックアップのおかげで過去のデータを失わずに済みました。

せっかく蓄積してきたデータを失くしてしまうのはもったいないのでしっかりアカウントは作っておきましょう!

movesのダウンロードはこちらから

Move-o-Scopeと連携してデータを可視化する

Movesを使い始めたら絶対に入れておきたいのがMove-O-Scope。これはMovesで記録したログを可視化してくれるサービスです。Movesは歩数や移動距離を記録するには便利ですが、Move-O-Scopeを使うとその流れが地図上に見られてさらに便利です。

僕のログの一部をお見せします。オレンジの線が交通機関での移動を表していて、ある程度引いてみると、自分の普段の行動範囲が見えてきます。これ結構な個人情報かも?笑

自分が徒歩や自転車で移動した場所を見たかったら、交通機関の項目のチェックを外してみることも出来ます。拡大してみると、リアルな行動経路が見えきます。

かなり引いてみることで、国内でいった場所などもひと目でわかります。僕の場合だと四国は飛行機で行ったので直線になってますが、京都には新幹線で行ったので、新幹線が通ってる場所を確認することが出来るなど、いろんな楽しみ方が出来ます。

そしてこれはスマホがネットに繋がっていればどこでもログを取れてしまうので、海外での移動も記録できます!

Move-O-Scopeの連携方法

MovesとMove-O-Scopeを連携させる方法は簡単です。

まずはMove-O-Scopeのホームページにアクセスしてから、右上の”Connect my Moves”をクリック。

するとここで8桁のピンが与えられます。

そこまでいったらスマホでMovesアプリを開き右下の”M”のマークをタップ。そこから出てくるメニューの中から”リンク済みアプリ”をタップしてください。

次に右上の”Enter PIN”をタップしてから、先ほど与えられたPINを入力。

それが終わった最後に”Allow”を選択してあげれば連携完了!

簡単に出来るのでやってみてください。

更に精確なログをとるためには

Move-o-scopeを見ると同じ場所を通っているはずでも、記録されているログにズレがあることに気づかれた方もいるかもしれません。Movesは一定の時間ごとに取ったログを記録していくので、どうしても電車のように速いスピードで移動していると、ログが荒くなってしまいます。

Movesでは物足りず、もっと精確なデータが取りたいという人にはGARMINがオススメです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする